未経験で映像・音響・イベントの仕事につく抜け道

最近、動画編集の仕事をしたい人がとても増えていますね。
実際、コロナのお陰で業務委託含め、映像の仕事の求人も増えてきていると思います。
“お陰"とか言ったら怒られるかもですが。特にe-ラーニング系・配信系が増えてきてます。

私は失業するまえ、映像編集・配信の仕事をしていました。
さらに遡って、その前はイベントの仕事をしていました。
そんなわけで、その業界を目指してるけど学校に行くお金がない人向けの記事を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

音響・映像・イベント業界=専門学校卒ではない!

音響とか映像とかイベント業界(コンサートなど)を目指す人が良く言うこと。
「やってみたいけど専門学校とか出てないと駄目だよね?」

私も昔そう思っていました!
なので、新聞奨学生で専門学校に行っていたのですが、学費が払いきれなくて見事に挫折しました!(涙)
そんなわけで退学後は暫く諦めていたのですが、実際は専門学校を出てなくても大丈夫でした。

ではどうするかというと、未経験OKのバイトから入ります。
「そんなことか」と思いますが、そんなことも気付かず諦める人、結構多いです。
というか、専門学校に親のお金でいける余裕がある人は行けばいいと思います。
就職できるかどうかは別として。「専門卒」を条件にしてる会社もあるしね。
ここでは「そんな余裕ないよ!!」という人への抜け道の話をして行きます。

コンサートスタッフ、ミュージシャン周りで働きたい!

これ、都市部によくある登録制のコンサートスタッフのバイトにまず登録してみてください。
でも、どこでも良いわけではありません
将来があるか、ただの日銭稼ぎになるかは、登録する会社選びにかかっています。

理由は、コンサートプロモーターから直接発注を受けている会社とそうでない(下請けの)会社があるからです。
絶対に直接発注を受けている会社に登録しましょう。

関東で有名どころだとディスクガレージの仕事を受けているライブパワーや、キョードー東京の仕事を受けているキョードーファクトリーなど。
ステージ系のガテン仕事がしたい人はシミズオクトなどが安定していると思います。

もうかなり昔のことですが、私はライブパワーで働いていましたが、某有名アーティストのマネージャーやファンクラブスタッフ、コンサートプロモーターなどなど、ライブパワーのバイトから這い上がって就職した人が結構な人数いました。
所謂、裏周りの仕事だったり、舞台監督だったりと関われるのは、バイトとはいえかなり大きいキッカケになります。
アルバイトの就職支援と教育システムもしっかりしているのでおススメですよ。

映像・音響の仕事がしたい!

音響の仕事がしたい人はご存知かもしれませんが、有名なPAの会社にヒビノがあります。
で、そのヒビノが運営している派遣会社にヒビノメディアテクニカルというのがあります。

勿論経験者向けの求人も沢山あるのですが、未経験OKの仕事も結構あります。
PAから映像編集、配信まで。
勤務地が都内近郊に偏ってしまいますが、未経験から目指す(職歴をつくる)という意味では結構強いです。

そしてこの派遣会社、規模は小さいですが営業さんが親身な人が多いので、満期になっても次の仕事の紹介をしてくれますし、無期転換も可能です。
私も30歳超えてからの未経験で仕事をもらっていました。
今まで経験した派遣会社の中では一番働きやすかったのでおススメです。

直雇用で働きたい!

これは専門の求人サイトで探してください。
おススメはQsicmanです。
ついでにmusicmanも見ておくと業界のニュースに詳しくなれるかと思います。

そんなわけで実体験ありの会社だけを紹介してみました。
私は貧乏育ちの高卒で、新聞奨学生で上京してきました。
そこで学費が足りなくて結局水商売に走った人とか、当時大人気だった出会い系のサクラをやって捕まった人とか、体&メンタルを壊して田舎に帰っていった人とか、配達のオッサンにパパ活して稼いでた人とかに出会いました。

学校に行けば、親に仕送りしてもらって、家賃も出してもらって、バイトもそこそこに遊んでる人もいました。
「家庭環境に恵まれたやつには絶対に負けねえ!!!!((# ゚Д゚)」
と若き日の私は思いましたが、、、まあ負けます。
一握りの限られた人以外は負けます。普通に。

でも、「それでも好きなことを仕事にしたいなら、抜け道はあるよ」という話でした。
環境を恨んで、ふさぎ込むよりは抜け道を探す方が健康的な人生を送れるとおもいます。
このブログの目的はそこなので。
これからも私は出来るだけお金を掛けず&コスパ良く知識とコネを捕まえて、抜け道をさがしながら生きていきます。



日記

Posted by まてこ