【在宅フリーランス】Twitterで募集されてる仕事って?

2021年3月15日

こんばんは。
昨日までブログを放置しまくっていましたが、これからは極力毎日、在宅で働いていて得た経験をシェアしていこうかなと思います。
副業で始めたい方、思い切ってフリーランスになろうという方の何らかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Twitterで募集されている仕事って?

私が在宅でやっている仕事は動画編集なのですが、クラウドワークスやランサーズで検索すると凄まじく倍率が高いです。
今、動画編集をやっている人はかなり多いです。
あとプログラミングとwebデザインも多いですね。

もちろんクラウドワークスやランサーズで仕事を探すのもいいのですが、Twitterで募集がかかっていることがあります。

それってどんなの?というと・・・・
単純に「こういった案件を〇〇円でいつまで」という募集もありますが、「チームメンバー募集」というのがかなり多いです。
営業を担当する人(だいたい兼ディレクター)が、チームを作って編集者を募集しているんですね。
それでもかなり応募者殺到している感じです。

初心者(私もですが)にとってはチームのほうが困ったときの相談相手もいていいかな~と思います。
最初にポートフォリオなどを提出し、チームリーダー(営業兼ディレクター)がチェックして採否を決めます。

実際にチームに入ってみた感想

私も実際Twitterで募集されていたチームメンバー募集に応募し、メンバーに入れていただきました。
で、どうだったか結論から言うと、私は極力個人でやっていこうと思いました。
この結論は人により変わると思います。

😀チームに入るメリット
営業さんが案件を探してくれる
クライアント様提出前にチェックをしてくれる
困った時の相談先がある

😖チームに入るデメリット
単価が下がる(リーダーの取り分を引くので)
チーム内での人間関係がうまく構築できないと仕事ももらえない

こんな感じですね。

とりあえず行動してみよう!

在宅で働いていきたいという人は、急に仕事をやめるとかではなく、とりあえず1件仕事を受注してみましょう。
在宅ワークが向いているかどうかもわかるし、上で書いたようなことも自分の目で確かめられます。
どこで営業して、自分で仕事をとってくるのか、チームが向いているのか完全個人が向いているのか。
色んなことがわかると思います。
あと、結構初期投資が必要な分野もあるとおもうので、環境も整えておく必要があります。

なんて上から目線みたいになってしまいましたが、結局のところ、「向き不向きは人による」に尽きます。
自分にとってベストな状態を探すためにも、一緒に行動していきましょう~!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村