デパケンRの副作用で過食がでました(解決済)

2年前に鬱・発達障害の対策として糖質制限をして、結果として体重も20kg落ちて歓喜していたのですが、
その後、過食衝動で苦しみ、結果としてリバウンドして今に至ります。

スポンサーリンク

デパケンRの副作用で過食がでました

全くもって、タイトルどおりなのですが、過食はストレスと意志の弱さだと思い込み、あまり病院には相談していませんでした。
診察で食事のことを訊かれた時に、少し相談する程度はしましたが、高額なカウンセリングを勧められ、お金もないので受けられるはずもなく、ただただ自己嫌悪の原因になっていました。

病院が変わって相談してわかった

引っ越しに伴い病院がかわり、診察の際に過食衝動のつらさについて相談してみたら、
「デパケンRの副作用かもしれないから、一回止めてみましょう」と言われました。

そのかわりに炭酸リチウムを増やしてもらう処方になりました。
すると、嘘のように過食衝動が止まりました。あんなに食べ物のことばかり考えてつらかったのが、ぱたりと止まりました。

デパケンRはかなり昔から飲んでいた薬だったので、過食の副作用があるなんて思ってもみませんでした。
ただただ自分の意志の弱さを責めていました。
気づいてくれた先生に感謝です。

定期的な薬の見直しは大事

メンタルの病気は、自分に合う薬が見つかるまでが地獄のようなのですが(副作用とか効かないとか)、一旦合うものが見つかると、何の疑いもなくその薬に頼り続けてしまいます。
過食衝動は昔からあって、20kgレベルの体重の増減を繰り返しているのですが、まさか薬の副作用とは思っていませんでした。
「おかしいな」と思ったら、自分で薬の副作用じゃないか調べてみて、先生に相談してみるのが良いと思います。
一生付き合わないといけないものなので、慎重にいきたいですね。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村