(雑記)メッセージでご相談を頂いた方への私信

お問い合わせからメッセージを頂くことはめったにないのですが、ご相談のメッセージを頂いたので。
今すぐの直接の返信が難しいので、この場所を借りてお返事致します。

********

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
またメッセージ有難うございました。
転職活動で大変な思いをされているとのことで、ご心労お察し致します。

○webの職業訓練→
私が受けていたのは川越市にある学校での職業訓練でしたが、そこはOfficeも込みでのカリキュラムだったので、実際にwebの勉強をしたのは3ヶ月ほどでした。
埼玉住みなら都内まで出るとwebをどっぷり5ヶ月の職業訓練もあるので、視野を広げてみても良いかも知れません。
また、とりあえず入口のHTML/CSSだけでもやってみたいということなら、女性の場合、先日も紹介した在宅(eラーニング)のコースもあるので、検討してみてもいいかも知れません。
とくにメンタル・体調的に、ガッツリ週5都内まで通うのが厳しいようなら、そこから始めてもいいかもです。
人間関係に気を病みやすいとかならそのほうが安心して勉強できるかもですね。

○メンタルの悩み→
これは難しいもので、当事者じゃないとわかりあうのが難しいのに、当事者同士だと共依存になり、より深刻になりやすいので相談先に悩みますね。
最近思うのですが、やっぱり普通の人にとって心療内科ってハードルが高いんですね。
明らかにうつ状態の友達に心療内科を勧めたら、薬が怖いとか敷居が高いとかハードルを感じているようでした。
でもたとえば海外サプリでメンタルに利くというものを買っても医療費より高くつくし、民間のカウンセリングを受けても医療費より高くつくし、なんなら変な宗教等に勧誘される可能性も否定できないし。

病院に行ってみること→長引きそうなら自立支援医療で自己負担1割にする→仕事が原因になっているなら診断書を書いてもらいとりあえず1ヶ月でも休んでみる→復職支援を受ける手もある→図書館で障害や薬、病気についての読みやすい本を読んでみて自分を理解してあげるという感じがおすすめかなと思います。

自分を自分の理解者にしてあげる作業がとても難しいと思うのですが、それが一番良いんだと思います。
私も自己否定の塊なので、まだまだ練習中ですが。
障害者手帳をもっているなら、就労支援という道もありますしね。。。

でも基本的に私はカウンセラーを信用していないのでひねくれています。。
私が知っているところは30分5000円なのですが、その出費で病みそうなので受けていません。
だったら5000円で好きなもの食べて、好きなもの買ったほうがいいなと思ってしまうので。
薬は頼っています。実感的にないと生活できないので仕方ないですね。

○在宅ワーカー
私は「雇用で在宅勤務」という道を推します。
やっぱり社会保険に入れるのと、雇用保険に入れるのは大きいですよ。
とくにメンタルに病気があるのであれば、うつ状態などで働けなくなった時、傷病手当が出ますからね。
フリーランスはなんの保証もないし、収入も不安定になるので、メンタルを病みやすくなると思います。
私はいまからそれをとても恐れています。

もし今正社員で働いているなら、派遣になるのはもったいない気もします。
なかなか一度派遣になると正社員に戻るのはハードルが高いので。。。(経験談)
でも!!死ぬよりはいいですからね。
正社員としての働き方に限界を感じているなら、在宅派遣を探して「時間で働く」のはありだと思います。
「それでもフリーランスの道を目指すんだ」という場合、退職して失業保険を受けながら職業訓練に通い、
その後はバイトをしつつ在宅ワーカー支援のセミナーに通うのも良いかも知れません。
埼玉だと県が在宅ワーカー支援をしているので。。。(埼玉在宅ワーク支援事業
今、セミナーの予定がのってないのですが、中の人が今年度のセミナーも計画中だと言っていたので。
各種説明動画やPDFも載っているので、サイトをじっくり見て、働き方の選択肢を増やすのもいいと思います。

在宅ワーカーは例えば1年前と比べ、かなり叶えやすくなっていると思います。
在宅ワークを取り入れる企業も増えたし、都も在宅ワークの導入の支援をしてるし、それに伴って在宅派遣も増えたし、フリーランスを目指す人も増えたし。
家で働けるメリットは大きいですからね。メンタルで体のバランスがとりにくい人は特に。

直接電話やメールでご相談にのって差し上げることは難しいのですが、名前や個人情報を載せずにブログで私でも役にたてそうなことがお答えできればしますので、ご了承いただければ幸いです。
「もっとこれが知りたい」みたいなことがあれば、またお問い合わせいただければ、個人の特定ができない範囲でお答え致します。
お互い生きるのが大変ですが、どうにかめげずに生きましょうね。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

日記

Posted by あいぼん