読書が苦手な人におススメ!「10年使えるSEOの基本」

ブログをやっている人なら、ちょっと気になる「SEO」
SEO対策本は沢山あるけど、そもそも参考書をじっくり読むのが苦手!
という私のような人におススメの本を紹介します。

スポンサーリンク

「10年使えるSEOの基本」がおススメな理由

「10年使える」というタイトルと「すぐに変わってしまうトレンドを追うより、変わらない”考え方”をおさえよう」というテーマに強く惹かれて購入した本です。

「SEOってなんだか難しそう」「知識のアップデートが大変そう」「分厚い本は読みたくない」「本を読むと眠くなる」と思っている人に是非おススメしたい本です。

軽い、薄い、フルカラーで見やすい、会話形式で進んでいくので飽きにくい・わかりやすい。
と、ちょっとした隙間時間に少しずつ読むもよし、一気に読み切っても2時間もあれば余裕で読める読みやすさです。
いきなりSEO対策を頼まれてしまったOLすずちゃんと、その先輩でSEOをやっている土居くんのやりとりでお話は進んでいきます。

ワンピース、と聞いてあなたはどっちを想像した?

あの大人気漫画の「ワンピース」と、洋服の「ワンピース」どちらを想像しましたか?
Google検索で「ワンピース」とだけ入れると、どちらが出てくるとおもいますか?

正解は大人気漫画の「ワンピース」のほう。
では、それはどうしてだと思いますか?

そんな身近な例をとって「検索エンジンは、なんのために、どんなことをしているのか」から学んでいきます。
そこまで考えてみたことがある人は少ないのではないでしょうか?
でも思えば不思議じゃないですか?

同じ言葉でちがう意味をもつ言葉は沢山あるけど、どうやって優先順位がついているの?
芸能人のスクープ、名前で検索をかけると最新スクープが出てくるのはなぜ?
当たり前のように使っている検索の「なぜ?」を知ることがSEOの学びの一歩めです。

どうしてキーワードが大事なの?

SEOの本やサイトを見ると、「キーワードの選び方」が必ず書かれています。
有料・無料、いろいろなツールの紹介がされていたりします。

では、そもそもなぜ、キーワードが大事なのでしょう?
例えば自分が、コスパの良いダイエットフードを探していたとします。
「ダイエットフード コスパ」と検索してみて、最初にヒットしたものをその場ですぐに買いますか?
おそらくは、何商品か見てみたり、評判を調べてみたりするのではないでしょうか。

そんな検索する人の気持ちと行動を考え、興味を持ってもらったり、サイトに繰り返し来てもらうにはどうするのか?というポイントから、キーワードの重要さと使い方を学んでいきます。
更にここで、実際の記事を書く際のポイントも詳しく説明されています。

リンクは誰から”良い”と言われているかも大事

リンクを集めることはSEOにとって「めちゃくちゃ重要なこと」。
だれもリンクをしてくれないサイトよりも、皆が積極的に紹介してくれるサイトの方が価値が高いです。
では世の中にはどんなリンクが存在するのか、良いリンクと悪いリンクってなに?
というところを詳しく解説してくれます。

この本を読んだ感想

私は読書、特に参考書が苦手で、買ったはいいものの読まずに放置していることが結構あります。
ですが、この本は活字を読む苦痛を感じずにするっと読めました。
会話形式なのもそうですが、フルカラーで行間も程よく配置されているので、開いた瞬間の小さな視覚のストレスが少ないのかもしれません。
SEOの基本の本は沢山出ていますが、ここまで短時間で読めて親しみやすい本は他にないのではないでしょうか。
なにより、すずちゃんの目線が完全初心者で読者に寄り添っているので、どんどん興味を惹かれていきます。
ブログを書いていて「SEOを勉強したいけど、本読むの面倒だな~」という人にこそおススメします。
ちょっとお値段高めですが、何冊も読むよりもこの本一冊を頭に叩き込んだほうがコスパは良いと思います。


にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村