【フリーランス】これから目指すなら仕事は何をする?

私の現在の業務委託での収入を先日ブログで公開しました。

現在のこの収入の7~8割がeラーニング制作で、残りがweb/動画編集です。

今日は、これからフリーランスで収入UPを目指すにあたって私が注目している職種を紹介させてください。

スポンサーリンク

今フリーランスに人気の二大職種

Twitter等でフリーランスを目指す人に大人気なのが、web制作/マーケティング系と動画編集です。

「在宅でできる」という点が人気になっているのか、「未経験からフリーランスへ」というキーワードで結構たくさんの人が目指しているようです。

沢山の人が挑戦している分、情報は得やすいですが、詐欺のような講座や教材、コミュニティもあったりするので見極めはしっかりしたほうが良いです。

あとは仕事をゲットするまでが、倍率が高くなる分ハードル高めになるので、アンテナを張っていきましょう。

動画配信は需要あり

動画配信は別にYouTuberのことではありません。

(あれはかなり感度が高くセンスのあるごく一部の人に限って稼げるものだと思っています。)

ここで紹介したいのは、所謂ライブ配信のオペレーターです。

コロナでまだまだ配信は増えていくと思います。

求人を探してみても、正社員/契約社員/派遣社員/バイト/業務委託ともに配信オペレーターの募集はかなりの数あります。

コロナで伸びている数少ない業種のうちの一つです。

ジャンルとしては主にビジネス系/教育系がオススメです。

理由は、エンタメ/音楽系は安価でもやりたがる人が多く、技術的にもカメラワークが多く、臨機応変に対応できる経験値が必要なのに比べ、ビジネス/教育系はそれほど倍率も高くなく、カメラワークも比較的ルールに従った動きが多いからです。

あと単純に配信を始めたばかりの企業が多く、予算も多く用意している会社が多いというところです。

初心者から挑戦する場合はこちらもご参考にどうぞ。

動画編集はジャンルによる?

配信に比べて動画編集をしている人は一気に人数が増えます。

「在宅でできる」というのが人気のポイントですね。

そしてこれもエンタメ系やYouTubeチャンネルの編集が人気ですね。

YouTubeの編集の報酬はハッキリ言ってピンキリだと思います。

私が実際にした仕事では、一番安くて20分弱の編集で1000円、一番高くて30分の動画で20000円です。

「10分しか違わないのにどうして20倍も差があるの!?」と思いますよね。

仕事を手に入れた方法の違いです。

前者はTwitterのコミュニティで頂いたエンタメ系の動画、後者は企業から直接頂いたビジネス広告の動画です。

技術的に求められたものはほぼ同じレベルなので、仕事の探し方はかなり重要です。

とはいえ、コミュニティが悪とは言えません。

そもそも仕事がゼロだと実績もゼロなので、私は今は金額が安くても依頼していただいたら基本的には有り難く受けています。

あまりに安い場合「実績としてポートフォリオに載せてもいいですか」と交渉するといいかもですね。

なにかしら自分がメリットを感じれば気持ちよく働けます。

マイナーだけど絶対伸びると思っているもの

これはなんと言ってもeラーニング制作ですね。

今も私の収入の大部分を占めていますが、これからも需要は伸び続けると思います。

今は大企業の社内教育や大学が中心ですが、まだまだ拡大していくと思います。

ただ難があり、ネットで調べても制作方法に関する情報があまり出てこない=ツールの学習が大変です。

なので、既存のものに乗っかっていくというよりは、自分で開拓していくことになりますが、それも含め面白そうだなあと思っています。

私が現在使っているものではないですが、面白そうとおもっているものはAdobecaptivateですね。

あとはコミックeラーニングとか。

勉強できる時間と元気を作らなければ。。。と思っています。

興味のある方はぜひ。

たまに言われますがeラーニングの制作に学歴/学力は関係ないです。

講師は別でいますし、素材をもらってそれを加工するというスタイルなので、強いていうなら難しいハナシを延々みたり聞いたりする根気は必要です。。。

でも、企業相手の仕事なので金額的には悪く無いと思います。

ビジネスコミュニケーションが若干ハードル高めになるかもしれませんが、それを差し引いてもやる価値はあるかなと思っています。

クリエイティブよりもビジネス寄りを攻めていく

個人的には経験値や引き出しの多さ、砕けて言えばコミュニケーションが陽キャ寄りの仕事よりも、お固く手堅いビジネス系で食べていきたいと思っています。

障害者や何らかの理由があって外に出れない人でも、ネットさえあれば、勉強も仕事も遊びもできる世界を理想だと思っています。

それが正義というわけではなく、そういう選択肢があれば生きる希望を見いだせる人がいると思うということです。

多様な生き方が選べる未来がくるといいですよね!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村