【職業訓練】就職活動講座レポート ①履歴書編

先日、私の通っている職業訓練で就職活動講座がありました。
主に履歴書と職務経歴書の書き方についてです。
職業訓練を受けた人向けですが、アレンジして参考になる部分があれば使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

履歴書の選び方

point

履歴書は余白が少なくなるように、自分の経歴に合わせて選ぶ

ネット上のテンプレートや市販の履歴書にも、一般用とそうでないものがあります。
私は何となく選んでいましたが、これにもコツがあるようです。
理由は余白を少なく見せる方が好印象だからだそうです。

🖊️職歴が少ない人向けの履歴書フォーマット
新卒だったり転職そのものが少なかったりして職歴が多くない人は、学歴・職歴欄が出来るだけ少なく、その代わりに志望動機を書く欄が多いものを使用します。
リクルートエージェントさんのサイトでいう、【職歴+志望動機をアピールする履歴書例】のテンプレートのような感じです。

🖊️職歴の多い人向けの履歴書フォーマット

派遣で職歴が多い人などは学歴・職歴欄が多いものを選びます。
所謂、JIS規格の一般的なものです。

学歴・職歴に続いて”学習歴”欄を作る

point

求人の募集要項に載っているものの学習歴をピックアップして学習欄に書いてアピールする

学習歴欄を作ることで無職期間に何をしていたのかが見られるように、プラス職務経歴書にも目を通してもらえるようにするためとのことでした。
特に職業訓練やスクールに通っていた人はこの欄に記載すると良いと思います。
こんな感じに書いていきます。

  • ABCアカデミー東京校 入校
  • 公共職業訓練IT専門コースを受講しHTML・CSSを習得
  • 同校でillustrator・Photoshopの操作方法を習得

資格欄は取得予定を書いてもOK

point

特にその企業が求めるスキルは積極的にアピールする

特に車社会の土地では免許証は必ず記載するようにとのことでした。(ペーパーは不可な企業も多い)
また、1つまでなら今後取得予定で受験の時期が決まっているものは「〇年〇月受験予定」と記載しても良いとのことです。

志望動機欄でやりがちな失敗と成功例

point

志望動機は企業目線で教育しやすい人材であることをアピールする

志望動機は「興味」や「やりがい」を書きがちですが、これはNGだそうです。
それよりも「自分の適性」をアピールするのが良いとのこと。
勿論、そのためには裏付けが必要です。
これまでの経験等と結び付けて、自分がその仕事に向いていることをアピールしましょう。
また、その会社を選んだ理由・その会社に貢献できることも書いた方がいいです。
そこで「企業理念」を上げる人が多いようですが、これは面接で深く突っ込まれる可能性が高いので注意ということでした。


履歴書だけでも個人的にはとてもためになりました。
特に資格については、持っていることそのものは実務経験よりは弱いですが、吸収力のアピールのためにもかけたほうが良いと言っていて、なるほどと思いました。
採用する側としては、業務の吸収力がある人の方がいいですからね。

次回は職務経歴書についてのまとめを書いていきます。
🔽これまでの職業訓練での就活記事はこちらです。