【雑記】10/10は世界メンタルヘルスデー

2020年10月10日

今日は世界メンタルヘルスデーらしいです。
昨日は雨の中、精神障害者福祉手帳の申請に行ってきました。
貧乏生まれ&メンタルの病気がある立場で生きてきたライフハック?的なものを置いておきます。

スポンサーリンク

実家が貧乏なら高校は返済不要の奨学金で行っておく

私がそうでした。
超貧乏というほどではないのですが、女子供の教育にお金を掛けることに対して否定的な親でした。
中学を卒業したら働くように言われていましたが、当時(20年くらい前)でもバイトすら高校卒業が条件なところが多かったです。
今はそういった条件はオープンに書かないと思いますが、高卒ですら鼻で笑われることがあるので、高校は絶対に出ておくべきです。
どこを狙うかというと私立の学費が無料になる特待生枠です。
奨学金をもらって返済ナシでOKというやつです。
中学の時から生徒会や部活動などをして内申点を稼ぎ、ひたすら勉強をして高校に行く。
生徒会やら部活動をすれば家に居る時間も減るので、むしろ安心でした。
大変だけど、その実家から逃げられないと変われないので、逃げたいなら自分が頑張るしかないです。

高校を卒業したら貯金が貯まるまで住み込みで働く

どうしても進学したいなら新聞奨学生があります。
私は新聞奨学生をやりましたが、専門学校で学費が足りずに中退、借金だけ残って20歳までかけて返済しました。。。
新聞奨学生の稼ぎ内でやるなら国立大に入って新聞奨学生をするのがいいかなと思います。
ちなみに同じ新聞奨学生で専門学校に行っていたひとは、バイトも掛け持ちしていました。
そのくらいの気合を入れるか、親の理解を得るかの二択ですね。
当時の金額で奨学金が2年で200万円、給料が月12万円、朝夕刊配達+集金+雑務での稼ぎです。
寮費は無料、食事は朝夕で月2万円でした。
でもこの経験のお陰で、本当にどうしようもなくなったら新聞配達をしようと未だに思っています。

次にやったのは住み込みの工場派遣。
これは結構きれいなところに住ませてくれたのでよかったです。
最近は昔ほど求人件数がないように思いますが、これも事情があって住むところの確保が難しい場合はかなり重宝します。
ただ、繁忙期が過ぎるとあまり稼げなくなるので、その辺は事前によくチェックした方がいいかと思います。

訳ありには住み込みは有難い制度です。
最後の生きる手段として続いていってほしいなと思います。

精神障害をオープンにして都内で一人暮らしは厳しい

というのも、障害者雇用の賃金はやっぱり安すぎます。
どう考えても一人暮らしできるような金額ではないかな。。。と感じています。
障害者雇用で働いている人の家計簿が知りたい今日この頃です。
今はパートナーが障害者雇用なのですが、それも入社時は発病前だったのでその給料をキープしているから稼げているのかな~?という感じです。
SEで経験者なのもあると思います。
事務とかは大手に受からないと厳しそうだなと思っています。
障害者手帳の申請が通ったら改めて考えなおしますが、今はクローズで働いていく方向で考えています。

今いる友達にもメンタルが不調なときは会えない

仕事で知り合って仲良くなった人も趣味で知り合って仲良くなった人も、やっぱり自分の調子が悪いときの姿は見せられないなと思います。
この辺をコントロールできるようになったのは投薬のお陰だと思います。
調子が悪いときは予兆があるので、約束を入れないようにしたり、体調が悪いことを先に言って家にこもることにしています。
一番に失いたくない気持ちと、迷惑は最小限にしたいという気持ちと、面倒くさいと思われるのは怖いからです。
きっとこのままこうして過ごして行くと思います。

楽しく生きていきたい

クローズで働くのはお金をできるだけ稼ぎたいから。
リアルで周りに隠すのは、人といるときは楽しく過ごしたいから。
生きていくにはお金と、他人が必要だな~というのが今まで生きてきてわかったことです。
先生はもう少し無理をしないようにして、と言いますが、なかなか経済状況がそれを許さない(苦笑)。
生きて仕事と家と病院を往復するだけの生活も嫌なので、多少の無理はしても楽しく生きたいなと思います。

利用できるものはすべき、無知は貧困を招く

これは最近本当に強く思うことです。
実家の家庭環境もですが、時代もあるけど色々な事に無知すぎました。
他人から指摘されるとその人を遠ざけてきました。
私も気づいたらそうやって生きてきてしまいました。
勉強のできるできないは別として、社会保障のこととか自分を自分で守るための手段は知っておくべきです。
なので、このブログは社会保障とかメンタルの記事を書いていこうと思いました。
読む人は限られているけど、その人が少しでも楽になればいいなと思っています。
利用できるものを知っておくと、困難に陥ったときに絶望感がマシになります。
今はネットが普及しているので調べるのは簡単です。
ただ、知らないと調べられないので、頭の片隅に置いておくのが大事だと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

日記

Posted by あいぼん