【メンタルケア】今すぐ汚部屋を脱出するたった1つの方法

私はもともと、放っておくとすぐに部屋が散らかるタイプの人です。
お掃除・整理整頓系の本を読むと、必ず書いてあるのが「使ったらもとの場所に戻す」ということ。
それが出来たら苦労しない!
ということで、今日はそんな私が出来るだけ部屋をキレイに保つ方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

よく使うものは全部ひと箱にまとめておく「毎日ボックス」

文房具は文房具、書類は書類、本は本、とか細かく分けて入れても、残念ながらどうせ戻しません。
そして収納ばかりが増えていく。。。
必要な時に必要なものが見つからずに焦る。。。
買ったまま読まない本が放置されている。。。
目に入らないとそのまま記憶からも消え去っていく。。。
全部私のことです!

本来定位置を決めておけばいいのですが、毎回その場所に戻すことが出来ず、散らかっていきます。
なので、最初から使う頻度が高いものは全部一つの箱にまとめてぶっこんで置きます
現在進行形で使う頻度が高いものだけを、ジャンル関係なく入れておくのです
ここには、提出前の書類や毎日飲む薬やサプリなども一緒に入れておきます

※この方法は借金玉さんの「発達障害サバイバルガイド」にも似たことが書いてありました。
発達障害じゃなくても使えるライフハックが沢山載ってるのでお勧めです。

毎日ボックスのメリット2つ

この箱を使うメリットは大きく分けて2つあります。

一つめは基本的にその箱に入っているものだけで毎日を過ごすので、その箱の中以外いじらなくなる→整頓された部屋が維持しやすくなるということです。
毎日あっちもこっちも開けてモノを出してきて、戻さないから行方不明になったり散らかったりするのです。
いじらなければ散らかりません。1か月に一回でも整理すれば充分になります。
沢山モノを持っていても、意外と毎日使うものって少ないです。

二つめは、その箱を毎日見ることになるので、そこに提出前書類や毎日飲む薬・サプリ等が入っていることにより、思い出す回数が増えます
「ついうっかり忘れてた」の回数が減ります。
これによって記憶の整理もしやすくなります。

とはいえこの箱を作りすぎると全く意味がないので、2~3箱作って頻度ごとに分けておくと良いです。
一週間使わなかったら2軍落ち、みたいにしておくと便利度がかなり上がっていきます。
そして、その箱に入れない=普段あまり使わないものは、隠す収納にしてしまえば部屋はかなりキレイに見えます。

それだけ?って思うかもしれませんが、これだけです。
うつで酷いときは業者を呼んで片づけるほどだった私の部屋は、今はいつでも人が呼べる状態にできます。
部屋が散らかりがち、部屋の中でものをなくす頻度が高い人は是非お試しくださいね(^^♪

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村