【職業訓練】派遣の倍率、正社員並みの高さ

2020年10月19日

今日は職業訓練校で、就職活動面談がありました。
その中で、タイトル通りの情報を得ました。
今日アドバイスをもらったことを備忘録的に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

派遣の倍率が10倍近くあるものが多い

派遣求人サイトに新着求人が来た際に、どのくらいの閲覧数があるか確認できるサイトがあるそうです。
それによると、新着10分以内に100件以上の閲覧があるようで、そのなかで10人応募したとしても10倍、実際にはそれ以降の時間にも見ている人が多くいるので、かなりの取り合いになっているとのことでした。

また、いつも職業訓練校には派遣会社の営業さんが求人をもって営業に来られるそうですが、コロナ騒ぎ以降は全く来なくなったとも言っていました。

職業訓練校側から、派遣会社に求人の問い合わせをしても「かなり厳しい」との回答が戻ってきている状況だそうです。

コロナでの派遣切りが増加中

コロナでの派遣切りが未だに増加中で、その派遣切りに遭ってしまった人に別の案件をあてがうことで精一杯というのが派遣会社の本音のようです。
中には新規登録も断っている派遣会社もあるとのことでした。

雇用形態関わらず再就職はかなり厳しい状況

「派遣なら受かりやすそう」「バイトなら受かるかも」という考え自体、もう古いものになりつつあります。
先日も某アルバイト求人サイトから応募をしたら、エントリーシートを送るように言われました。
エントリーシート→書類選考→面接が必要でした。
ちなみに池袋の時給1200円のアルバイトです。
コロナ騒ぎまでは時給1650円で働いいたので、そんなに高望みはしていません。
雇用形態がなんであっても厳しい状況には変わらないので、自分の中でのハードルもかなり下げて、相当な件数に応募し続けることになりそうです。

★ランキングに参加しています★

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人
あいぼん

✔️2021年5月フリーランスデビュー
✔️企業様向けのe-Leaning制作をしています
✔️フリーランスでの月収は20万~40万円
✔️派遣を転々とするもコロナで派遣切り→職業訓練→フリーランス
✔️都下で一人暮らしの独身アラフォー女子
✔️最終学歴は底辺高校卒、新聞奨学生で専門学校に行くも1ヶ月で中退
✔️ADHD/ASD/双極性障害(精神障害者保健福祉手帳3級/自立支援医療受給)
✔️機能不全家族育ち


🍀精神障害者で在宅ワークを目指す人と、情報共有をしたくてブログを始めました。今日より幸せな明日を目指しています。
🍀🍀2024年1月千葉県木更津市周辺に移住しトカイナカ生活。たまに東京に出勤。