【在宅ワーク】クラウドワークスで稼げる人の3つの特徴

クラウドワークスには沢山の仕事がありますが、初心者の私が一番悩んでいるのは、高単価の案件が取れないことです。
先日参加したオンライン勉強会は、同じ悩みを持った初心者にクラウドワークスの中の人がアドバイスをくれる回でした。
そこで聴いた、クラウドワークスで稼げる人の特徴をまとめてみました。

※この記事は前回の初心者向けオンライン勉強会の記事の続きです。
まだ読まれていない方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

クラウドワークスで稼げる人の3つの特徴

高単価の仕事を取るにはまず、以下の2つが重要になってきます。

  • 継続案件に応募する
  • スキルを上げて高単価の案件に応募する

ですが、それでもなかなか受注できないのが初心者の悩みです。
稼げる人は、この悩みを以下の3つの方法でクリアしているようです。

  • 自分の強み探しから始める
  • クライアントさんの信頼を得られる行動をする
  • クライアントさんが何を求めているのかを徹底的に調べる

具体的な例を一緒に見ていきましょう!

自分の強み探しから始める

自分の強みがどこなのかというのは、自分にあった案件はどんなものなのかを考えることに繋がります。
でも実際、自分の強みを探すのってなかなか難しいですよね。
ここで挙げられていたのは3つの方法でした。

①自分の経験、趣味の棚卸をして仕事と掛け合わせていく。
→例えば、事務の仕事を何年もしているならそれを強みにする。
趣味なら例えば映画に詳しいなら、映画のアンケート回答や記事作成の仕事に挑戦するなどです。

②自分を下げ過ぎない
→仕事を頂いている立場なので、どうしても下に出すぎてしまうことがあります。
が、あくまでもプロとして関わる以上、立場は対等なので自分を下げ過ぎないことが大事だそうです。
勿論、相手を不快にしてしまってはお仕事にならないので、バランスを大事にということですね。

③プロフィールページに趣味や特技を書いておく
プロフィールページはクライアントさんも勿論チェックしています。
仕事と直接かかわらなくても、例えば「育児奮闘中です!」などが書いてあれば、「私も!」というクライアントさんがいるかもしれません。
そこから雑談が出来るようになれば勝ち、ということですね。
やはり共通点があって、更にその会話を出来たら印象に残るものです。
そこから次の仕事につなげる人もいるそうです。

クライアントさんの信頼を得られる行動をする

まずはファーストコンタクトのレスポンスの速さが重要です。
一日中PCの前にいなくても、アプリがあるのでスマホにアプリを入れて通知が来たら即返信するようにします。
出先ですぐに詳しい回答が出来ない場合はその旨を伝え、「メッセージの確認をしてますよ」というのを伝えることが大事です。
対面しないので文面で安心してもらえるようにしたいですよね。
基本的にテキスト(メール・チャットなど)がメインなので、そこで勝負をできるようにしましょう。

また仕事を進めていくうちに調べてもわからないことが出てきたら、まとめて簡潔に送るのが大事です。
細切れで何度も送ると相手の時間を無駄にしてしまうからです。

文章を書くときにビジネスライティングで行くか、フランクに行くのかはクライアントに合わせます。
これの判断がかなり難しいところですが、自分のキャラクターをどういうイメージで売っていきたいかにも関わってくるので大事にした方が良いとのことでした。
自分という商品を売っていく、自分を使うことのメリットを明文化する機会でもあります。

クライアントが何を求めているかを徹底的に調べる

会社情報から会社を調べるなど、クライアントさんの情報をできるだけ集めます。
稼げる人は、一つのコンペに5案くらい応募してみるなど、クライアントさんの求めているであろうことを色々なパターンで攻めて探ることをしているそうです。

また、コンペは採用にならなくても応募するとクライアントさんと連絡が取れるようになるので、営業の一環ととらえてとにかく挑戦し続けることが大事だそうです。
例えば、デザインのみの仕事でOKだったものにメッセージを送り、「出稿作業も請け負いますよ」など、クライアントさんの工数を減らす提案をしているそうです。

更にコンペに投稿したものは自分のプロフィールに載るので、それをポートフォリオとして使用していくことも可能です。
こうして見てみると、「受注できないからやらない」というのはもったいないですね。

いかがでしたでしょうか?
私としては、かなり有益なアドバイスだと思いました。
特にポートフォリオ替わりにできるというのは盲点でした。
稼げる人は本当に営業がうまい人だと思います。
なかなか口をあけて待っているだけでは高単価のお仕事は受注できないので、カンタンなところから挑戦して自信をつけていきたいです。

成功している皆さんが必ずいうことは「勉強してからやる」のではなく「とりあえず始めてみてわからないことを勉強していく」ということです。
今回もそれを実感するお話でした!