【在宅ワーク】在宅ワークを始めたい人のための準備2つ

先日は埼玉県が開催する「在宅ワーク支援セミナー」に行ってきました。
その中でも今日は、先日の「クラウドワークスで稼げる人の特徴」にもあった、自分の経験の棚卸の仕方についてと、在宅ワーカーを目指す人の名刺の作成の仕方が特にためになったので紹介しておきます。
該当記事をまだ読まれていない方はこちらもチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

自分の経験・能力の棚卸しチェックポイント

在宅での仕事をつかむには自分の強みを理解することが大事だそうです。
とはいえ、いざ自分の強みを探そうと思うとなかなか思いつかない方も多いのではないでしょうか。
今日のセミナーで頂いた資料の中に、経験・能力を棚卸するためのチェックシートがありましたので共有します。

  • なぜ在宅ワークをはじめたいのか
  • 今までにどんな仕事をしてきたのか
  • どんな役職・ポジションの経験があるか
  • 在宅ワークでどんな経験やスキルが活かせそうか
  • 今までの仕事で好き・向いていると思うのはどんなことか
  • 今までの仕事で苦手・向いていないと思うのはどんなことか
  • やりたいのはどんな職種・業種か
  • 在宅ワークでネックになること、不安なことは何か
  • 取得している資格はどんなものがあるか
  • 一日何時間くらい働きたいか
  • 月にどのくらいの収入を得たいか
  • 収入・やりがい・プライベートの両立の中での優先順位

資格について質問したのですが、今回登壇されていたかたは特にMOS等PCの資格を持っているわけではないそうです。
やりながら、調べながらでスキルを積んで行っているとのことでした。
なので、このリストが今の時点で全てなわけではないと思います。
ただ、意識しておくことで仕事を選んだり進めたりしやすくなるのではないかなと思います。

在宅ワークを目指す人の名刺づくりのポイント

在宅ワークの企業とのマッチングイベント等で、名刺は必ず持って行った方がいいということでした。
今は無料で作れるサイトもありますね。
私のように自宅にプリンターがない人は、名刺を1000円以内で安く作れる業者さんもあるようです。

名刺に書くのは、名前、あれば屋号は当然ですが、具体的にどんな仕事をしているか?住所、メールアドレス、携帯電話番号、写真が入っていれば尚いいとのことでした。
どんな仕事をしているかをシンプルにわかりやすく、というのは会社の名刺とはちょっと異なるところかもしれせんね。
会社であれば会社名で調べれば思い出せますが、個人だとそうもいかないですからね。

マッチングイベントには沢山の参加者が来るので、思い出してもらえる名刺というのが重要です。
加えて、職務経歴書も持っていくと良いそうです。
意外と何も持たずに参加する人も多いらしく、名刺は一つ抜き出るチャンスでもあるようです。

最後に、やはり在宅での仕事は増えてきているようで、始めるには今はチャンスとのことでした。
特にweb関連やプログラミングの知識、実務経験がある人や映像編集などが増えているとのことです。
この辺はクラウドワークスさんも同じことをおっしゃっていました。
今日も結構な人数の方が参加されていました。
他にも為になった知識があるので、また別記事でも紹介したいと思います。