【職業訓練】就活との両立はどうなる?休み・早退の取り方

2020年11月2日

職業訓練も終わりに近づき、就職して辞めていった人が5人になりました。(20人クラス)
そこで、就活と職業訓練の両立のさせ方について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

職業訓練は遅刻・早退・欠席に非常に厳しい

職業訓練は遅刻・早退・欠席に非常に厳しいです。
どう厳しいかというと、定められた理由なく欠席をすると手当が出ません。
手当とは、基本手当(=失業保険)+受講手当(最初の40日間、1日あたり500円が支給)+交通費です。

就職活動との両立をどうするか

まず、面接を受けるために休みを取る場合、「就職試験証明書」を面接を受けた企業に書いてもらいます。
ちなみに「派遣登録会」は対象外です。(本日事務局に確認済)
ただし、登録会ではなく派遣先との面接であればOKです。
派遣は対応含め微妙なラインなので、派遣会社にしっかり「面接」として証明書をかいてもらえるように事前に確認しておきましょう。
また、この証明書が発行されたとしても、半日で済む面接(移動時間込み)に対し、一日休みを取るとNGになる可能性もあるとのことでした。

派遣登録会や就職試験証明書がもらえない場合の対処法

職業訓練は1日6時間あるのですが、そのうち3時間を出席すれば、欠席扱いにはなりません。
早退・遅刻扱いになります。
そのため、午前・午後のどちらかだけ休めば済むように面接時間を設定するのが一番効率的です。
移動時間もあるので、余裕をもって設定してもらうことをお勧めします。
ちなみにこれを利用して、理由なく遅刻や早退が続くと強制退校になる可能性もでてくるのでやめましょう。

月に1回平日休みがある

職業訓練はカレンダー通りの土日祝休みですが、月に一度だけ平日休みがあります。
通称「就職活動日」です。
正社員の面接をその日に合わせるのはかなり至難の技だと思いますが、派遣の登録会やハローワークへの相談など、比較的日程に自由度が高いものに関しては、計画性をもって初期のうちからこの就職活動日を有意義に使った方が良いです。
私は毎月派遣の登録会を入れていました。

いかがでしたでしょうか?
これから職業訓練を考えている方の参考になれば幸いです。

職業訓練を目指している方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村